blog

エントリー

カテゴリー「ピラティス」の検索結果は以下のとおりです。

7月のピラティステーマ

6B128934-404E-40C9-837F-EB8E276CB9E2.jpeg

こんにちは 阪神御影駅徒歩1分ピラティスダンススタジオヴォーテです

 

やっと足並みそろって 全クラス 同じメニューでスタートします

HALO いかがでしたでしょうか 少し変わったピラティスを楽しんで頂けていたら嬉しいです

 

さて、7月のピラティスマットはスタビリティクッションを使ってインナーマッスルへの問いかけをしてみたいと思います

この柔らかくて不安定な素材が 身体の深層にあるインナーマッスルを目覚めさせ たたき起こしにかかります

このインナーマッスル 動き出すその一歩手前で既に働かないといけないんですよね

 

ただ強ければ良いってもんじゃぁないんだよ どう働くか そこが大切になってくる

 

日常の中でちゃんと働いているか感じるのが難しいのですが

それをわかりやすく教えてくれるのがスタビリティクッション

 

インナーマッスルが弱かったり強かったり、働くタイミングが遅かったりすると

ゆっらゆら~ 揺れだすんですね

 

クッションの揺れをコントロールするのが難しくなりますが

安定して動こうとすることで、自然とインナーマッスルが正しく働いてくれる

 

また、その柔らかい素材が故に不安定な環境でエクササイズする事で

自分の身体に色んな発見、気づきが生れます

 

私たちの脳や身体は、ゆがみを自覚するとそれを正そうとします。

まずは気づくことで、身体は正しい動きを学習していきます

 

7月も楽しんで頂けたら嬉しいです

3月のピラティス

4740760864109348906.b26b5cfc31577bb6ecea5ccd7fd5a75f.22041812.jpeg

こんにちは 阪神御影駅北側すぐピラティスダンススタジオヴォーテです

 

3月が始まります ギリギリまで悩んでいました

 

グループピラティスのテーマです

 

少し変わり種のピラティスをと思いまして

 

ダンベルを使ったピラティスとスタビリティボールを使ったZENGAをやります

 

鍛えるためにダンベルを使うのではなく

 

その負荷がある事で、肩甲骨の動き、体幹の安定にと役立つような内容にしています

 

アナタのカラダの歪み、ねじれ、そのアンバランスにフォーカス出来たらと思っています

 

正しい骨の配置へ 

 

正しい姿勢からしか正しい動作は生まれない

 

静的安定性と動的安定性の向上にダンベルが教えてくれます

 

そして、

 

ZENGAとは、ピラティスの要素を組み込んだ 生体力学、解剖学に基づくヨガです

 

お楽しみに♩

スタジオで元気にお会いしましょう

1月のピラティステーマ

こんばんは 阪神御影駅北側すぐピラティスダンススタジオヴォーテです

 

正月休みの最終日を堪能しています

 

さて、遅くなりましたが、1月のグループピラティスのテーマについて

 

1月は、フレックスバンドを使用します

 

先ずは、呼吸に重きを置いてみる

 

普段、呼吸について、考える事があるでしょうか

 

ピラティスにおいて、自身が正しく呼吸出来ているか

 

ピラティスならでは ですよね

 

たかが呼吸

 

されど呼吸

 

正しく呼吸するには、骨の位置を正しく置かねばならぬのです

 

即ち、正しい姿勢である事が大前提

 

呼吸により、働く深層筋 コアです

 

カラダの深部を支える筋肉群です

 

それは。あなたのお腹の中と肋骨の中にある

 

骨盤底筋と横隔膜が正面同士に向き合った時にその力を発揮するのです

 

 

即ち、骨盤底と胸郭(肋骨)が正しい位置にある事

 

なのですね

 

フレックスバンドが教えてくれます

 

あなたの呼吸のクセを

 

スタジオで待ってる

 

 

 

 

 

 

 

 

12月のピラティステーマ

こんばんは 阪神御影駅北側すぐ ピラティスダンススタジオヴォーテです

 

気付けば 1ヶ月更新していなかったですね

 

銀太劇場の事に囚われていました お許しを

 

おかげさまで 大盛況のなか無事終演

 

終演後、以外にも 冷静な自分と出会っています

 

いろんな方からの援護を頂きまして 感謝しかなく

 

家族に、至っては 私のやりたい事を存分にやらせてあげたいと 関係者各位に語っていたそうです

 

この半年間 家の事は いっさいしなかったわたしです

 

なのに、、 ありがとうでは足りないです

 

コレからも、ピラティスにダンスにと

 

私のやりたい事 私の好きな事で

 

自身の人生を 自身で彩りたいです 一度きりの人生だもの

 

夢は、わたし単独で公演を開きたい 実現に向けて精進します

 

さて、12月のピラティステーマです

 

忘れていたわけではありません。ずっと考えていました

 

12月は 上級のエクササイズに挑戦しよう

って事でやってみたいと思っています。

 

とても綺麗に動いてくれる皆さんです

 

積み重ねてこられた皆さんのレベルの底上げが出来ているのかなと 嬉しく思っています

 

ピラティスの原点は上級エクササイズにあります

 

その上級エクササイズから生まれたのが

 

中級と初級なのです

 

是非 挑戦してみて下さい

11月のピラティステーマ

こんにちは 阪神御影駅北側すぐピラティスダンススタジオヴォーテです

 

10月のローテーショナルディスクはいかがでしたでしょうか

 

使い癖の気づき、改善につながっていたなら嬉しいです

 

11月は、スタビリティボールを使って行います

 

特に内転筋群への意識を高めていきたいなあと

 

なかなか 意識し辛い箇所であり

 

なかなか、上手く働かない箇所でもあります

 

なぜなら 拮抗する 外転筋群が、とても強い筋肉群だからです

 

【マメ知識】

恥骨筋・短内転筋・長内転筋・大内転筋の4つの筋肉から構成される股関節の付け根から太ももの内側・膝の内側にかけて走行する筋肉です。

 

さておき、

 

内転筋群は縁の下の力持ちと言われている筋肉群でして、

 

その、存在、働きに なかなか 脚光を浴びない

 

 

骨盤の安定に、働きが悪いと 骨盤がグラグラ揺れてる不安定なまま動作を行ってしまい それをかばう為に外転筋群がよく働き、美容面では、太ももの横のハリ、O脚などなど

 

そして、

 

骨盤底筋群の働きには、内転筋群の支えがないと働けない、美容面では下腹ぽっこり、健康面では、コアが働かない、尿漏れなどの原因に

 

また、腹斜筋群との繋がりがあり、重要な役割を担っています

 

言い出せば まだまだ あります

 

そんな、影の立役者にフォーカス!

 

スタビリティボールでピラティス

 

11月も楽しんで頂けるようにプログラミング構築し

ています

 

アナタの動作が 今の姿勢を作っています

 

正しい姿勢からしか、正しい動作は生まれない

 

正しい動作を行う事で、筋肉も偏る事なく付いてくれます

 

アナタの明日へ健康美をプレゼント

 

スタジオで待ってる

 

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

top
concept
lesson
instructor
price
access
blog
calendar

facebook
Instagram