blog

エントリー

正しく歩いてますか?

design-2613547__340.jpg

本日2度目の更新 ピラティスダンススタジオヴォーテです

 

なんでか知ってるでしょ 

 

 

ヒ~マ~ だ~か~らぁ 

ピラティスインストラクターKANAです

 

正しい歩き方の質問受けました

正しく歩く 日常的にしている動作 考えたことなかったです

改めて 考えてみました 真面目にね

 

 

姿勢や歩き方はその人の第一印象を決めてしまうのはもちろん、

脚のラインまでにも影響を与える大切なもの。

日常生活のなかで出来る美しい歩き方を意識しませんか

歩くだけでレッグラインが整うかも

 

っとその前に もっとも重要なのが 姿勢です

正しい姿勢でいることが 正しい歩行に繋がります

 

● その1 重心は後ろにかける

歩く時に重心が前にあると、前のめりの歩き方になりやすいので、

自分で思うよりもかなり後ろに重心をもってきましょう。

そうすることで、自然に視線も上がります。

 

● その2 歩幅はやや広めに保つ

ちょこちょこと小股で歩いたり、大股過ぎても、美しい歩き方には見えません。

歩幅は肩幅くらいを目安に

 

● その3 かかとから着地する

かかとから着地するようにすると、脚の裏のローリングがうまくいき、

脚の裏に自然に力が入るため、脚運びもスムーズになります

 

---ローリングとは--- 
かかと→足裏の中央→つま先と体重移動することをローリングと言います。

正しく歩くためには、ゆっくりとローリングすることが大切です

 

● その4 足の後ろ側を意識する

歩く時には、脚の前の筋肉ではなく後ろ側の筋肉を意識するようにします。

脚の前よりも後ろ側に筋肉がつくので、スッキリとした美脚へと近づきます。

脚の前に筋肉がつきすぎると太く見えるので、

この歩き方で脚の後ろ側を鍛えるようにしましょう。

 

● その5 手の振りにも気を配る

この歩き方では、よくあるウォーキングスタイルのように手を大きく振るのではなく

 

日常でも自然に美しく見えるようにします。

 

腕はまっすぐ伸ばし、後ろ側だけに振って戻すようにしましょう

 

 

 

そしてもう一つ重要なのは

 

 

後ろ足を踏み込んだときの角度。これが15度以上に広がると、

 

『大臀筋』と『中臀筋』という尻の筋肉も使われます。

 

 

この中臀筋こそが、尻を引き上げてくれる筋肉。

 

さぁ 明日からスキニーパンツの似合う“美尻”手に入れよ

 

 

ウォーキングのワークショップ やってみよかしら

 

気になる方はお声かけ下さい

 

 

 

 ヴォーテ#ボーテ#背中美人#お子様連れ#バレエ#Total Barre#トータルバー#スクワット#神戸##ジム#東灘区#御影#阪神御影#ピラティス#フィットネスダンス#有酸素運動#ジャズダンス#体幹トレーニング#インナーマッスル#ダイエット#下腹シェイプ#運動不足解消#肩こり#腰痛#ストレス発散#筋トレ#美姿勢#ボディメイク#マタニティ#産後ケア#乳ガン術後ケア#顔のたるみ#ほうれい線#脂肪燃焼#不眠#うつ病#石本香奈 #木戸美穂#ジャスミン井上#マーメイドピラティス

 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

top
concept
lesson
instructor
price
access
blog
calendar

facebook